今のまつ毛にたどり着いた経緯

私がアイメイクに目覚めたのは中学生の時でした。
最初はつけまつ毛がスタートでした。100円ショップでつけまつ毛を購入し濃くてバサバサのまつ毛にすることが好きでした。
私の世代は「Diamond Lash」という商品のつけまつ毛が一番流行ったように感じます。
沢山の種類がありそれぞれ5枚セットになっていて、1000円前後で売っています。

次第に濃いバサバサのつけまつ毛の時はもっと広い二重幅が可愛いとギャル雑誌を見て目覚めて二重幅のテープや絆創膏で広くしていました。
しかし就職先でつけまつ毛が禁止だった為、ナチュラルなメイクをするようになりました。
職場の女の子ほとんどがまつ毛エクステをつけていて私も興味をもち、まつ毛エクステに目覚めました。

まつ毛エクステはメイクの時短に繋がるし、まつ毛が長く濃くなるのでつけまつ毛に似た効果があります。
ただし、3週間に1度付け替えに行ったりまつ毛エクステが目の中に入るとすごく痛いです。
そして何よりも自まつ毛が薄くなってしまい、デメリットの面でストレスを感じてつけなくなりました。

ビューラーもまつ毛やまぶたの負担になるので、今はまつ毛パーマを月に1度かけてマスカラをつけています。
1000円前後のマスカラ下地とマスカラをつけると、十分にボリューム出るし長くなります。
私はメイベリンの商品が1番気に入っています。
鏡で見た時この顔が1番自然だと感じます。

もちろんつけまつ毛やまつ毛エクステに比べたら目力は劣るので、特別な時だけエクステをつけたり自然なデザインのつけまつ毛をつけるようにしています。

※まつ毛美容液のおすすめ|まつげ育毛剤は危険?美容液で安全ケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です