父親と2人きりの野球特訓

中学校で本格的な野球活動するまで、私が自宅近くのグラウンドで父親とよくキャッチボールをしていたことは、「私が野球を覚える基礎となった」と言っても過言ではありません。 キャッチボールだけではなく、守備練習や走塁の練習、将来野球選手になるためのピッチング練習まで父親に厳しく教育、指導していただきました。 そんな厳しかった父親との野球特訓の中でも、特に思い出に残っている練習は、私が小学4年生のとき父親と2人きりで行ったノックの捕球練習でした。

小学校に入学したときから誰よりも野球の才能に自信を持っていた私は、「自分の右に出る者はいない」と思い込んでいました。 そんなとき「これから近くのグラウンドでノックの特訓をするからついて来い!」と言われた私と父親のノックの練習が始まりました。 ところが、父親がバットで私の方向にボールを打っても、捕球することができませんでした。 「わかるか?これが今のお前の実力なのだよ」のひとことは、野球の才能を過信していた事実を思い知らされました。 その日以来、考えを改め直した私は、謙虚に野球に取り組むことにしました。

あの日の父親との野球特訓が、私の心の何かを変えてくれたような気がした思い出深いエピソードでした。 これから私は何事にも謙虚に生きていきます。

クラチャイダムゴールド 飲み合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です