奥歯へのホワイトニングは自分が納得出来る範囲で

常に前に出てケアし易く着色もすぐに取れ易い前歯に比べ、口腔の両隅の奥まったポジションにある奥歯は、どうしても着色汚れが溜まり易く、しかも落ち難いものです。

意識して歯ブラシを届かせていたつもりでも、中々隅々まで磨き切れていないケースが多く、また忙しい最中でも歯磨きでは真っ先に省略されがちなポジションでもあり、ホワイトニング効果からは最も縁遠い事は確実です。

この様に、どんなに独力で意識し歯磨き粉によるホワイトニングを行っても中々効果の出ない奥歯ですが、それでも気になるならやはり歯科クリニックによるホワイトニング施術が最も効果的となるでしょう。

奥歯でもどの程度まで白くするのか、またホワイトニングを施す範囲はどこまでなのか、等についても大変細かく指定出来る上、その効果自体もごく短時間で抜群に現れてきますから、高いお金を掛けるだけの価値は十分にあると言えるでしょう。

むしろ重要となるのはその後のケア。せっかくホワイトニングされた奥歯が短期間で再び着色汚れで塗れない為にも、時間を掛けた正しいブラッシング方法を身に着けると共に、その後も定期的に歯科クリニックに通い、再施術を受ける必要も出てきます。

そこまでするのは明らかに無駄、白くするのはあくまで他人に見られ易い前歯とその周辺部までで十分、という人なら思い切って施術しないという方法もありますし、自分の納得出来る範囲あるいは美意識を尊重する形で決定すべきでしょう。

ステイン除去する歯磨き粉なら研磨剤なしがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です