転職するしかない!

元々は飲食業にて5年間務めていたのですが思っていた部署どころか年々体調も悪くなり、やむなく転職を決意致しました。転職において右も左もわからない状況からのスタート
は非常に心細いものです。それでも情報は集めなければなりません。そこで私がした行動は大手転職サイトに3社ほど登録、そして並行して転職エージェントに相談と職のあっせんをしてもらい、興味のある業界の情報を仕入れていきました。今では無事安定しており収入もまずまずといったところとなりました。そこで転職において何が大切かということを私なりにお伝えさせて頂くと、1、まずは自身を見つめなおすことです。まずは自分が何に興味があるのか?またはどういった仕事に適正があるのか?得意なことは?苦手なことは?など面倒ですが紙に手書きで書いていくのが良いかと思います。それというのも、この作業なしで転職サイト等から情報を仕入れると全部が良いものに見えてきて自身のやりたいことにブレがでてくると思うからです。そして自己分析が終わった後は自分の方向性に合った職を片っ端からお気に入り登録!ここで気をつけて頂きたいのは求人を出している企業は求人情報を見てくれた人に入社してほしいわけですから大体会社のことや仕事内容をいいように書いていると思います。自分の友達などに興味のある仕事に就いている人がいるのなら本当の現場の声を直接聞いてみるべきだと思います。なんせ一生に何度もあるイベントではないわけですからね。そして、面接を受けて見事採用の話になった時これが3、現職を辞める時の注意点です。現職を辞めるということは給料なり、人間関係であったりと何かしら不満を持って辞める方のほうが多いかと思われます。ここで注意したいのが喧嘩別れのような辞め方はしないことです。飛ぶ鳥後を濁さずと昔からのことわざもあるように元の職場と揉めても一円の特にもなりません。むしろその会社がどこで次の会社と繋がってるのかもしれない状況でそういった辞め方をするのか危険すぎます。最低でも辞める一か月前には会社の社長などに挨拶を済ませ、引継ぎ情報をまとめる等やることはたくさんありますがこういった最低限のことをしっかりしておくことで、その会社の人たちとも関係が切れることなく
次の会社に気持ちよく行くことができます。本当にどこでどう繋がってくるかもしれないので書かせて頂いた内容は転職時には非常に大切だと思います。

https://www.xn--u9jta018xmtsjmnj6pgzx.com/ranking.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です